2016/08/02

暑中お見舞い「ハーレードラムブレーキ超再生」申し上げます~

じりじりと暑い日々...
じりじりと需要の拡大が見込まれる「S・PROUD ショットピーニングブレーキローター」

ポルシェのレースではこれまでの実績が物語って?いるのですが
レース界で認められたものって...なかなか広まらない(ライバルにも広まるってことだから?)

とても地味なんですが....
どんなに高価なブレーキパットを使おうが、どんなに高価なシステム(キャリパー/ローター)を使おうがトータル的にブレーキの良し悪しはブレーキローター自身の素材で大きく影響されるのです。

それを実証したのが S・PROUD 特製ショットピーニング加工のブレーキローターです。
要するにローターそのものの性質を改善し劇的に耐久性を向上させるってことです。

本日出荷予定の新品からのショットピーニング処理(ポルシェ)

024-0802ygi

もうひとつ、じわじわ増えているのが昭和時代の国産車ブレーキライニングにブレーキパットの張替え........(←そもそもこれが本職!!)
本日も、スバルK55フロントドラムブレーキ、マツダカペラSNAディスクパット、スバルレオーネAM5ディスクパット、すべて新品パーツが廃盤=張替え対応。 敢えて画像は撮っていません。そもそも普通の作業なので(笑)


で、普通の作業では終わらない・・・
「ハーレードラムブレーキ超再生」の before & after~

先ずは何時もお世話になっています熊本のショップ G-MC 様から
フロントメカ、車輪ごとの御預かりで超再生~

before
053-0802gmc

after
077-0802gmc

同じく九州は鹿児島の H 様から フロントスプリンガーに後輪旧メカドラム

before
152-0723h

after
153-0801h

こちらも何時も有難う御座います~♪
長野は上田のショップ RKW 様からスプリンガーWカム~

before
051-0802rkw

after
084-0802rkw

続きまして、こちらもお馴染み鎌倉のショップ BG 様~何時も有難う御座います!!
フロントハンバーガーセットに後輪旧メカドラム

before
086-0802bg

after
087-0802bg

尚、お盆休み(13日)までの完成出荷には今週到着分までとなりますので超再生ご依頼はお早めにお願い致します。

 

2014/09/29

やれることは全てやる!?

9月もラストウィークとなり...社内的に年度末です!
完全に「厳」の一文字です。
今となっては来期に賭けるしか望みはありませんが...(涙・・・)

社内は相変わらず何屋さんか疑わしい風景ばかりです。
AT事業部では、オートマチックトランスミッションのオーバーホールに...

016-0929ljw

MC事業部では、ミニバイクにモトクロスにアメリカンに・・・・
それぞれ様々な修理依頼があって...

001-0929ldq

巷では部品営業スタッフが駈けずり周り...
日々の売り上げを確保???

019-0929kjuh

2階のブレーキ製造秘密基地では
ブレーキローターのスリット加工をしていたり....

017-0929lkn

やれることがいくら有っても利益を生まなければ唯の「無駄」なんですよね。
趣味と経営が結びつかないのがその辺にあるのかもしれないのですが?
本当に「好きな仕事」だからこそ、利益が生まれるものと信じています。

そのうえ私は策略を巡らすような器用な人間ではないので...
「やるべき事をやる」 正確に言うと 「やってはいけない事をやらない」

来期へ向け....そんなプレッシャーを叩き込み、
当然結果を求めた戦略を企て突き進みたいと思います。

この道、まだまだ36年・・・
精進・・・   精進・・・   精進・・・

そんな?
先週末にはダッジダコタのショック交換に FLOWMASTER 取り付けて...

003-0929ouw

お蔭でこんなものを積み込んでも
何ともスマートな走りを見せてくれました!

017-0929uh

これも戦略通り?
楽しみな来期になりそうです!

今年もあと・・・
3か月ですよ!!!

 

2014/08/05

一石二鳥

先日、ホンダの名車 S800の新品ディスクブレーキローターのショットピーニング加工を依頼されました千葉のお客様から、今回は使用済みローターへの加工を依頼されて送られて来ました。

before
010-0805nk

恐らく数十年前のローターと思われますが、良い物を永く大切に使われたいというお客様にはショットピーニング加工がとってもお勧めです!

after
018-0805lij

勿論、サーキット走行用に適した加工ではありますが....
まさしく一石二鳥とはこのことですよ!!!

加工順序
ショットピーニング⇒スリット加工⇒耐熱防錆塗装⇒表面研磨加工⇒仕上がり

旧車からレーシングマシンまでこれもまた・・・「超再生」