2017/07/05

NEWS な「超再生ドラムブレーキ」

現在、ご提供させて頂いてるハーレーを中心としたオールドバイクの”超再生ドラムブレーキ”ですが、「効く?効かない?」はフィッティングにより大きく変わります。

エス・プラウドが求めているのは、如何にコントロールし易いか?であり....一番時間と神経を使うところがフィッティング、と言うわけです。

肝心の摩擦材はと言えば....
実はサーキット走行に使用されている磨材を焼き付け接着しています。

それ故、完全に当たり付けされたブレーキであっても街中においてその性能をフルに発揮できるまでに至らない場合が多々見受けられるようです。

そこで今回、エス・プラウドでは重量300kgを超す最近の車両(ツインカム)にクラシカルな74スプリンガー用ドラムブレーキを移植。今までには無かった新たな摩擦材を焼き付け接着し、テストランを繰り返すこととなりました。

結果・・・後輪ディスクブレーキを主体に前輪ドラムブレーキでスムーズな心地よいブレーキングを楽しめるところに・・・行きついたのです!

先日のJOINTS CUSTOM SHOW 出展時にはこれまでの摩擦材仕様にて、それでも好評化を頂いていましたが・・・完全にグレードアップが確認されました!!!

今後、暑い夏を乗り越え寒い冬を迎えるころには製品化を考えていますが、なにぶん重要保安部品であるブレーキなのでテストにテストを重ね、その時期が来るのを待つとします。

まっ、超再生もまだまだ極めていきたいと考えていますので。。。

 

ではハーレードラムブレーキ超再生の出来上がり~

先ずは八尾のスーパーカスタムショップ S-MC 様からアイアン前後~ハンバーガーセットでの出来上がり~

金沢のショップ A%R 様からはWLフロント...
ホイールごとの作業となりました。

東京は足立区のショップ U-MC 様からは74スプリンガーフロント

名古屋は中川のショップ RB 様からは油圧式後輪ドラム

富山から一般のオーナー様で以前にもご利用頂きました IK 様からは後輪メカドラム

話題には乗りませんが隣ではATミッションオーバーホールも次から次へと~♫

そんな後半戦初のBLOG更新でした♫

 

2017/04/06

急がず焦らず...超スピーディ~に!

世間では新年度?新学期?入学式に...ポートメッセはJOINTS?...
かなり気忙しい4月です!

エス・プラウドでは奈良県下の全大型ディーラー様から大型トラックのブレーキ張替えご依頼を頂戴しています。だからと言って同じスタッフがハーレーのブレーキ張替えができるのか?と言えば No!! なんです。当然、逆もダメなのですが、一番特殊な作業はやはりATミッションのオーバーホールです。

なかでも最近は以前ほどではありませんが強化ATミッション作製のご依頼が続いています。
車種も軽自動車、BMW、ランエボ、そして本日はFDのRX-7...

特殊?響きはいいですが...
ちょっと変わってる...
変???

まぁいいですけど.......
ハーレー+α ドラムブレーキ超再生~完成オンパレードです♫

まずはご無沙汰してました~千葉のショップ DC 様から
アイアン後輪メカドラム~

新潟のショップ HCP 様からは後輪旧メカドラム~

後輪油圧ドラムの3連発は大阪高槻のショップKDK 様をはじめ、仙台のHN 様、三重のSH 様(画像で区別がつきませんでした。悪しからず!)

和歌山市のショップ MC-R 様からは先週に続いて今回は国産メグロ

1日、1日、急がず焦らず超スピーディーに?

 

2016/09/12

珍し~♫ 超再生ドラムブレーキ然り!

先週のBMWサイドカーに続いて車両持込みでのドラムブレーキ超再生...
続いて仕上がって参りました。

今ならスーパーカーが新車で買える程の高額 ?! 超レア...
PORSCHE 356A

012-0912kh

マスターバックも未装着のうえ極小ホイルシリンダーの為、ライニング磨材には一工夫を企てブレーキドラムは研磨加工。
~そして、フィッティング。
試運転では慎重に慎重にフルブレーキでロックするほどの制動力を確認。

058-1

その隣ではハーレー1975 XLH。

005

ハンバーガーセットのご注文でした?!
こちらも試運転OK~

065-0912kjuh

で.........
その横で完成出荷前の後輪メカドラムはお久し振り~
和歌山のショップ MCR 様から。
因みに右隣は2トントラックのドラムブレーキ。

061-0912jyf

もういっちょ~!!
W1乗りの竹川氏が通勤用に乗っておられる KAWASAKI KR250 ?
たぶん珍しいと思うんですけど...出来がり~♫

070-0912ygz

最後に、その奥でATミッションの分解作業をしているのは....(増田クン!!)?
これまた珍しい~クラッシックSUV ワゴニア!!!
オートマチックトランスミッションの超再生です。。。

002-0912kjhs

希少なものが見れる会社...
S・PROUD です。