BLOG

■メンテナンス

2021/04/15 ケイちゃん

ハイエース【KDH205】オートマ オーバーホール 続編

まいど!ケイちゃんです♪前回オートマを分解した所で 話が終わっていたハイエースの続きで~すまずはバルブボディをオーバーホールしていきます バルブに引っ掛かりは無かったのですが ソレノイド点検で1つソレノイドの動きが悪かったので交換します バルブボディ オーバーホール完成です♬ クラッチ回りをオーバーホールしていきま~す 組み立てていきまする♪ バルブボディ取付け~

この記事を読む 

■メンテナンス

2021/04/13 ケイちゃん

バンド ブレーキ いろいろ超再生

まいど!ケイちゃんです♪タイトル通り オートマ バンドブレーキ いろいろ超再生編でござ~い♬ まずはお馴染みローバーミニのバンドブレーキです 超再生!! 続いては~ローバーミニのバンドブレーキ! 超再生!! お次は・・・ローバーミニのバンドブレーキ 二台分!! 超再生!! お次は~♬ローバーミニのバンドブレーキ!ではなく(笑)ベンツのバンドブレーキ!! 超再生!! 最

この記事を読む 

■メンテナンス

2021/04/10 かーやん

四輪アライメント【 HIACE KDH200 編 】

今回のアライメントは、ハイエース KDH200 型でのご入庫です♬それではいつものようにターゲットを装着し、見ていきましょう♪ 早速3Dスクリーンで確認すると、フロント側のトー角、キャンバー角、キャスター角の全てが基準値より外れています!調整し甲斐がありますねぇ~ もうお馴染みですが、リヤ側には調整機能が無いのでグレーアウトします! こんな感じななります! 個別にフロント側を見てみると、右フロントの

この記事を読む 

■メンテナンス

2021/04/08 ケイちゃん

ハイエース【KDH205】オートマ オーバーホール

まいど~も♬ ケイちゃんです♪最近オートマ ネタが続いておりますが 本当にたくさんのお問い合わせから修理依頼を頂きありがとうございます♬ そして今回ご入庫はハイエース (KDH205)ですオートマの不具合はというと・・・オートマが温まってくると変速スベリや変速しない などなど との事です 試運転を行い 不具合確認できたのでピットインしオートマをサクッと!取り外していきます このオートマはアイシン製 4速

この記事を読む 

ブログ記事一覧 

ブレーキシステム

ブレーキは”止まれば良い”と思っていませんか?

自動車やオートバイのブレーキにはディスクブレーキとドラムブレーキがありますが、どちらも止まるには必要なものです。しかし、ただ止まるのではなく”安全に、そして確実に止まる”ことが出来なければそれはブレーキとは呼ぶには相応しくありません。

近年では先進技術を利用してドライバーの安全運転を支援するシステムを搭載した自動車(ASV)が増え、衝突を回避する自動ブレーキが義務化されようとする今、これまで以上にブレーキに拘り、より車両に適したブレーキを御提案致します。

新品ブレーキ製品の取扱い、及び様々なブレーキやクラッチの再生張替えを50有余年に渡り自社で執り行っています。

ブレーキについてもっと詳しく 

トランスミッション

オートマミッションの載せ換えと言われてしまった…その前に

故障、不具合の理由によって乗り換え?オーバーホールすることで大切なおクルマをリーズナブル、なおかつ新車以上のコンディションにすることが可能です。

エスプラウドでは問題を抱えた車両ごとお預かり、診断、修理、調整、納車までのサービスも執り行っています。オートマ修理で持ち込まれた車両は、まずはじめにスキャンツールで車両診断を行います。何らかの電気系統トラブルは非常に多く、それによる不具合であることも考えられるからです。

トランスミッションの詳細 

アライメント

◆ホイールアライメントって何?

そもそも自動車のホイールは、足回りを構成するパーツ(サスペンション等)により方向や角度がつけられています。その方向や角度を適正な状態に調整する事をホイールアライメント調整といいます。ホイールアライメント調整は、ステアリング操作を滑らかにしたり、タイヤの偏磨耗による早期摩耗を軽減させるために、タイヤが地面に設置する角度を、適正な角度に調整します。その調整は「トー角」「キャンバー角」「キャスター角」で表され、この3つの角度が狂っていると、タイヤの「片減り」や「偏摩耗」により直進性が失われたり走行が不安定になる要因のひとつとなります。また「ASV(先進安全自動車)」では自動ブレーキ等、誤作動を引き起こす可能性が生じるため、四輪ホイールアライメント調整は今後、特に重要視されていきます。

アライメントの詳細