秘伝?~ハーレードラムブレーキ超再生

先週のblogで「超再生」お盆までの出来上がりは週末までの入荷分までですよ~と、軽く言ってしまいましたが嬉しい悲鳴が工場内で響いています。

003 (2)

画像は直接関係はありませんが…..

100% 10日出荷出来ますように進めてまいります。

そんな中、お手本になるような再生前のハーレービックツイン後輪ドラムブレーキが入荷、そして完成しましたので、解説をさせて頂きます。ご依頼されたショップ様は大東市の超有名カスタムショップR-MC様。

まず送られてきた画像ですが、すべて新品です。
一度取り付けられているようですが、間違い(不良)探しを大まかに3カ所….
お解りでしょうか?

【 before 】 (すべて新品パーツ)

012-0808rmc

まずはブレーキドラム…..

015-0808rmc

制動面にメッキがやんわりと乗っかってます。おまけにレコード盤状に。
専用機で研磨を施したところ…横ブレまでしていましたのでそれも補正。

次にブレーキシュー…..

014-0808rmc

ほとんど効かないでしょうね(笑)
鉄板の修正、補強後、高性能ブレーキライニングに焼付け接着です!

3つ目は…..

皆さん、気づかずに送って来られるのが殆どなので基本的には黙って補修しときます。
ブレーキシューの固定ピンのメッキカバーが奥まで入っていません。
で、削ります。

019-0808rmc

一旦、出来上がったブレーキシューはバックプレートにセット、ドラムを装着。
ここからが、 S・PROUD 秘伝の?フィッティング…ということで一番の時間を費やします。

そして完成です。
【after】

902-0808r-mc

続いて・・・

R-MC さんのご近所でもある超々有名ショップ….(八尾の)
S-MC さまが完成品の引き取りと新たなご依頼ブレーキを届けに来て頂きましたのでこちらもご紹介。
(辛うじて完成品の画像だけがありホッ!!)

アイアン後輪ドラムブレーキにフロントブレーキパット。
ブレーキパットもリベット止めから焼付け接着へ。

900-0808s-mc

そんなお盆休み前の風景でした。。。

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

こちらの記事もどうぞ


Warning: Use of undefined constant   - assumed ' ' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/sproud/sproud.com/public_html/wp-content/themes/SPROUD2019/single.php on line 264